無料テンプレート(WordPress/Movable Type) の新着情報

Movable Type 5.13 および、5.07、4.38 リリースに伴う動作検証とご利用方法のご案内

2012年02月27日

平素はテンプレートキングをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2012年2月22日に、シックス・アパート株式会社より「Movable Type」のセキュリティーアップデートの提供が開始されました。

[重要] Movable Type 5.13 および、5.07、4.38 セキュリティーアップデートの提供を開始

これに伴い、テンプレートキングでは、ご提供しているMovable Type用のテンプレートについて、Movable Type 5.13 および、5.07、4.38 各バージョンでの動作・表示検証を実施いたしました。

以下に詳細をご案内しますので、ご確認ください。

■ Movable Type ブログテンプレート

Movable Type 5.13 および、5.07、4.38 各バージョンで問題なくご利用いただけます。

■ Movable Type ビジネスサイトテンプレート

セキュリティ強化や仕様変更の影響により、Movable Type 5.13 および、5.07、4.38 各バージョンで以下のような現象を確認しており、そのままではご利用いただけません。

【現象】

・再構築時にファイルのincludeに関するエラーが発生する
・コメントの投稿時にエラーメッセージなどが表示され、投稿できない ... など

【新しいバージョンへの対応手順】

現在ご提供しているビジネスサイトテンプレートを、新しいバージョンのMovable Typeに対応させる場合は、以下の手順で作業を行ってください。

(1) 「mt-config.cgi」の書き換え

Movable Typeがインストールされているディレクトリの「mt-config.cgi」をダウンロードし、末尾に以下の情報を追記後、ふたたびサーバーに上書きアップロードします。

AllowFileInclude 1

(2) テンプレートファイルの差し替え

ご提供しているビジネスサイトテンプレートの「テンプレートセット」に含まれる以下の2ファイルを、サーバーにアップロードして差し替えます。

1 FS_Template/templates/javascript.mtml 差し替え後のファイル
2 FS_Template/templates/comment_form.mtml 差し替え後のファイル

 
※ 文字化けなどの原因になりますので、ファイルはブラウザでは直接開かず、必ずブラウザの「リンク先を保存」メニューなどで保存してからご利用ください。
※ ファイルは、Movable Type 5.13 および、5.07、4.38 各バージョン共通です。

(3) 公開済みサイトへの適用

すでに旧バージョンのMovable Typeとビジネスサイトテンプレートで公開済みのサイトがある場合は、Movable Type のアップデートと合わせて、以下の手順で新しいテンプレートを適用します。

  1. Movable Type管理画面で、該当サイトの「デザイン」→「テンプレート」を開きます。
  2. 「インデックステンプレート」の「Javascript」を開き、記載されているJavascriptのコードを手順(2)の1の差し替え後のファイルの内容に置き換えて、「保存と再構築」を実施します。
  3. 「テンプレートモジュール」の「コメント入力フォーム」を開き、記載されているコードを手順(2)の2の差し替え後のファイルの内容に置き換えて、「保存」を実施します。
  4. サイト全体を再構築します。

【今後の対応】

旧バージョンのMovable Typeは、セキュリティに問題があり、公式にご利用は推奨されておりません。

今後、現在ご提供しているビジネスサイトテンプレートも旧バージョンへの対応を終了し、セキュリティ強化の実施された今バージョン以降の対応のみに切り替えさせていただく予定です。